相続税の税務調査相続税の税理士

相続税の税務調査は、約30%の確率で実施されるといわれています。どの税理士も相続税の申告に明るいというわけではなく、多くの税理士にとって相続税申告業務は、経験値も少ないのが現状です。相続税の申告に不慣れな税理が申告を担当すると、相続税の税務調査の際に税務職員から申告漏れなどを指摘される箇所が多くなり、延滞税や重加算税の支払といった経済的負担を強いられることになります。相続税の申告が必要となる方は、遺産相続発生後すぐに税務調査の全貌や注意点を把握しておく必要があります。また、相続税の税務調査に強い税理士の立ち合いなしで相続税の税務調査を乗り切ることは難しいですから、相続税の税務調査対応を依頼できる税理士にも相談しておくべきでしょう。相続税の申告を担当した税理士でなくても、相続税の税務調査の対応は可能です。

1.相続税・税務調査の現状
相続税の税務調査の現状を確認することで、自分のケースで相続税の税務調査が入る可能性が高いかどうかを把握することができます。
2.税務署はどのようにして「相続」を知るのか
被相続人が亡くなった際に市区町村役場に提出する死亡届の内容が、市区町村役場から税務署に通知されることにより、税務署は相続発生を認識します。
3.相続税の税務調査とはどのようなものか
税務調査のリスクが高い相続税では税額が高額になり申告漏れも指摘されやすいため、事前に相続税専門の税理士に相談しておく必要があります。
4.相続税の税務調査の対象となるケース
資産家による海外投資の増加や海外の金融機関における口座開設の増加、国外財産調書制度などにより、今後海外財産への監視の目は強化されると思われます。
5.相続税の税務調査(実地調査)の流れ
相続税の税務調査では特定の調査内容について事前に通知されます。
6.相続税の税務調査(実地調査)の方法
相続税の税務調査では、被相続人の相続財産と相続人固有の財産が明確に区別して管理されているかが確認されます。
7.税務署による相続財産の調査の方法
相続税の申告漏れが指摘される財産として最も多いのは現金・預貯金です。相続税の税務調査においては、特に名義預金について慎重に調査されます。
8.相続税の税務調査の終了手続
申告内容に誤りが認められた場合には、相続税の修正申告を行うか、税務署長が更正または決定の処分を行うことになります。
相続税の税務調査

相続税の税務訴訟相続税の税理士

相続税の申告内容に関して税務署との見解の相違があり、一定の手続きを経ても納得できない場合には、相続税の税務訴訟を検討することがあります。
相続税の税務訴訟は法解釈と事実認定双方において、マニュアル的なやり方がない難しい訴訟ですから、時には税法学者からの意見書も取得し、新しい判例をつくる気概で臨む必要があります。また、相続税の税務訴訟も「訴訟」である以上、訴訟活動の経験が豊富な弁護士が担当する方が有利といえます。
このように相続税の税務訴訟は専門性が高い訴訟であることから、税法学者との連携がある税理士兼弁護士に依頼することをお勧めします。

1.相続税の税務調査に対する権利の救済
相続税の税務調査の結果を争う制度として、異議申立てや審査請求という不服申し立てと訴訟があります。各々の制度についてメリット・デメリットがありますから、相続税及び訴訟手続きに詳しい税理士兼弁護士に相談した方がよいでしょう。
2.不服申立ての現状
相続税に関する異議申立て、審査請求及び税務訴訟の現状を確認すると、毎年一定数の不服申立てがなされていることがわかります。もっとも、相続税に関する不服申立てを専門に扱う税理士や弁護士は少ないのが現実です。
3.不服申立て
相続税に関する不服申立てを行うには、一定の事項を記載した申立書あるいは請求書を提出する必要があるうえ、期間制限もあります。
4.相続税の訴訟(裁判)
相続税に関する不服申立て制度では決着がつかなかった場合、裁判所に処分の取り消しを求めて裁判をすることができます。この場合も期間制限があります。
訴訟の審理は、通常の民事訴訟と同様に民事訴訟法に従って行われます。相続税問題に詳しいのみならず訴訟手続きにも精通している税理士兼弁護士に依頼することをお勧めします。
相続税の税務訴訟

相続税の還付相続税の税理士

既に税理士にお願いをして相続税を納めていても、相続税を多く納めすぎている場合があります。多く納めている場合は、過払い分の相続税が還付されます。
特に、遺産相続において広大な土地を相続した方や複数の不動産を相続した方。土地の評価は複雑ですし、評価方法に関する意考え方次第で土地の評価が変わってくることもあります。税理士が担当していても、土地について過大な評価をしてしまいがちなのです。セカンドオピニオンとして相続税申告を担当した税理士以外の税理士に相談することも有効でしょう。資料だけで判断できる場合もありますので、相続税申告を担当した税理士に対して気兼ねをする必要はありません。

相続税をなぜ払い過ぎてしまうの?なぜ相続税の払い過ぎに気づかないの?
本来の相続税額より多く支払っていても、税務署は教えてくれません。納税者自身は相続税額の計算方法や相続財産の評価方法について詳しくなく、相続税申告を担当した税理士に任せきりになりますが、相続税申告を専門として扱う税理士は少なく、1年間に1件も相続税申告を行わない税理士が多数派です。このような事情から、相続税を支払いすぎていても気づかない事例が多数あるのです。
なぜ相続税専門でなければならないの?
一番のポイントは、相続財産の評価、特に土地の評価に精通しているかどうかです。
土地にはそれぞれ個性があり、その個性を反映した評価を行うためには豊かな経験が必要とされます。したがって、相続税申告の経験が乏しく、土地の評価にも精通していない税理士が相続税の申告を行うと、土地を不当に高く評価してしまうことがあり、相続税を納めすぎてしまうことになるのです。
相続税の還付手続きの流れ
相続税の還付手続きには期間制限がありますから、相続税を納めすぎているかもしれないと思ったらすぐに行動する必要があります。
相続税の還付可能性診断
相続税の還付が認められるかどうか、相続税の還付手続きを始める前に確認してみましょう。
1つでも当てはまる項目がある場合には、相続税の還付手続きに詳しい税理士に相談して、実際に還付可能かどうか検討する必要があります。
相続税の還付

相続税の評価減相続税の税理士

相続税をこれから申告する場合、またすでに相続税を申告した場合に、実はもっと相続税額を下げられる余地があることもあります。
相続税は相続財産の相続税評価額に対してかかるものですから、この相続税評価額を減らすことができれば、納める相続税額も下がります。
相続税額を下げられる項目は多岐にわたります。
一般的に大きな下げ幅が期待できる土地について、検討すべき項目をチェックシートでまとめました。遺産相続において、相続財産の大半は土地が占めており、相続財産の中に広大地が存在するケースもあります。土地の特徴を相続税評価額に反映することによって、相続税評価額を大きく減らすことができる可能性があります。
チェックシートの各項目を確認し、相続財産の評価額を下げられるかどうか検討してみてください。相続税の還付手続きを行うことも検討する必要がありますから、早急に相続税に詳しい税理士に相談することをお勧めします。

相続税評価減可能性チェックシート
遺産相続における相続財産に含まれる土地の相続税評価額が下がる可能性がある項目をまとめました。
1つでも当てはまる場合には、相続税評価額が下がる可能性があります。
相続税評価減可能性のまとめ
遺産相続における相続財産に含まれる土地の相続税評価額が下がるケースというのは、土地の利用が制限されているなど、マイナス要素がある場合です。法律による制限や判例で認められているケースなど、相続税評価額が下がるかどうかは専門性の高い判断が必要となりますから、相続税に詳しい税理士に事情を説明して判断を求めるのがよいでしょう。
相続税の評価減

無料メール相談相続税の税理士

遺言や遺産分割、不動産相続、事業承継などの紛争実務に関する最先端の情報を収集・検討し、
複雑で難しい事件を解決できる弁護士であり続けるために、相続紛争に関する無料メール相談を受け付けています。
ご来所での相談に比べて回答回数などに制限がございますが、来所が困難な方に多くご利用いただいています。

  • 対象は具体的な紛争案件についてのみです。
  • 紛争をどう解決するかについて、弊所が考えるベストな戦略をご提案します。
  • 法律相談料は無料です。
無料メール相談はこちら
TOP
ページトップへ
絶対に負けられない事件、
お任せください。

報酬に値するプレミアムサービスを提供し、
手段を尽くして目的を達成します。

東京永田町税理士事務所

〒100-0014
 東京都千代田区永田町2-9-8 パレ・ロワイヤル永田町706
TEL:03-5532-1112/FAX:03-5532-1113
 9:00~19:00 土日祝日除く

  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 地図・アクセス
  • お問い合わせ
©2014 相続税の税理士 All Rights Reserved